六本木スクエアビルはディスコだらけ

六本木スクエアビルはディスコだらけ

squerroppongi渋谷を卒業し、六本木のディスコへ繰り出し一番に向かった場所が六本木スクエアビル。

なんと、このビルの地下~10Fまでほぼディスコだった時代。

ディスコビルと称された六本木スクエアビル

B1 B2 : JAVA-JIVE

カリブのリゾート地をイメージしたディスコで、信じられない事にフロアに砂浜を敷き詰めていたディスコ。


3F : GIZA

初めてお立ち台が設置されたディスコとして有名。しかし、あのお立ち台で踊っていた黒人ダンサーは今から思いだすとおもしろかった。

また、「すしバー」があり、行ったら必ず手巻き寿司を食べてました。大変美味しかった記憶があります。

GIZA(ギゼ)六本木スクエアビル人気ディスコ コレクションはこちら


5F : Samba Club

ここは入店した事がありませんでした。


5F : BUZZ
Samba Clubの後にBUZZに変わりました。16面のビデオモニターでPVを流して迫力を出しておりましたが、時代ですよね。ブラウン管ですよ!今の様な大型の液晶モニターなど世になかった時代です。


6F : VENUS

ここも行く機会がありませんでした。


7F : BINGO BANGO BONGO

一度行ったきり。ここを運営されてらっしゃった方には申し訳ないのですが、なにか特徴がなかった記憶があります。


8F : NEPENTA
スクエアビルのディスコの中では、一番人気があったのではないでしょうか?

私もそのうちの一人でしたが、エレベーターで上に登る人はほとんど8Fで降りていたような気がします。

ビル内のディスコで一番オーソドックスなミーハー路線だったんでよね。キンキラディスコ好きの私にはピッタリでした。


9F : BIO

一度行きましたが、なにやらフィットネス系のディスコ!?BIOのロゴトレーナーが流行しましたが、私は全く合わず一度行ったきりです。


10F : ピーター・ラビッツ ⇒ B & B TOP ⇒ ランフィニ・ジャポネスク ⇒ THE CIRCUS ROPPONGI ⇒ R Holl

↑ 順番間違っていたらごめんなさい。(私の遊んでいた時代内です)

この10Fフロアほど目まぐるしく店名が変わったフロアは無いでしょう。やはり一番上のフロアと言う事もあり、経営が簡単では無かった事が推測されます。

しかし、もともと横浜の人気店から六本木に出したTHE CIRCUS ROPPONGIは特別人気で、流行っていた時は「いい女」は皆10Fに向かってGOでした。

他のフロアと違い曲は完全にBLACK系、ヒップホップ中心。 ということで、私も何度か行きましたが、やはりディスコ好きな私には曲や雰囲気が合わず。

六本木駅周辺はディスコの黒服さんがお客さんの争奪戦

それにしても10階あってこれだけのディスコがひしめき合っていたわけです。六本木交差点にはこのビルの各フロアのディスコの黒服のお兄さんが割引チケットを片手に毎日が呼び込み祭りって感じで・・・。

私は、やはりミーハーでキンキラ系のディスコが好きでしたので、NEPENTAGIZAはかなりの回数行った気がします。客層もやはり渋谷と比較すると大人で、お洒落だった覚えがあります。六本木というイメージからそう見えたのかもしれませんが・・・。

しかし、意外であったのが、BLACK系のTHE CIRCUSにめちゃくちゃいい女が集まっていた点です。近辺のマハラジャやエリアのようなキンキラミーハー系が好きではないといった「いい女」が集結したようなイメージでした。

スクエアビル卒業からマハラジャへ

とにもかくにも六本木デビューはスクエアビルから始まった私のディスコ三昧ですが、その頃はマハラジャやエリアも行ったことがなかったのです。

マハラジャやエリアは男性同士は入れないという掟があったからです。

しかし、スクエアビルのNEPENTAやGIZAにたくさん行きましたが、物足りなさがありました。それは、新宿~渋谷と渡り歩いたディスコ遊びでスクエアビルのディスコは小箱(フロアが小さめ)だからです。

そして、NEPENTAでナンパした女性と男女同伴というかたちで天下のMAHARAJAへ遂に・・・足を運び衝撃を味わう。

東京マハラジャのページに続く・・・

Return 六本木周辺(東京都)のクラブ / ディスコ(遠い過去~現在営業中まで)店舗一覧と特徴

ディスコメモリーちゃんねる

ディスコの話題カテゴリの最新記事

error: Content is protected !!