【ジュリアナ東京の曲】これだけは外せないベスト15選!

【ジュリアナ東京の曲】これだけは外せないベスト15選!


90年代初頭の伝説のディスコジュリアナ東京にてプレイされていた曲。

オープンからクローズまで3年半の間にジョン・ロビンソン氏をはじめ優秀なDJ達によるかけられた曲数はとてつもない数であるでしょう。

そんな中、これだけは外せないベスト15選!として選択しました。

ジュリアナ東京の曲はいつの頃がお気に入りですか!?

ジュリアナ東京の営業期間は3年半。

  • 初期の頃が1番お洒落で客層も良く、深夜営業もすこぶる評判が良かった頃
  • 中期のお立ち台上のギャルのコスチュームが過激になり始め、全国にその名を知られるようになった頃
  • 後期のお立ち台撤去から新お立ち台に変化した頃

皆さん、それぞれ通っていた時期が相違するでしょう。

また曲のジャンルも当初はイタロハウス⇒ハードコアテクノ⇒ハイパーテクノというふうに変化していき、最終的にはお客様側はどれも「ジュリアナテクノ」「ジュリテク」などと呼称するようになっていきました。

ですので、思い入れのある曲は人それぞれであるかとは思います。

思い入れが違えど、・オープン時期・一番客層が良かった時期・マスコミに取り上げられ知名度が全国区になり観光バスの停留スポットにまでなった時期・衰退時期など、ジュリアナ東京がどの時期であってもプレイされる曲だけは常に最先端で選曲も素晴らしく、裏切られることがなかったことだけは事実です。

ジュリアナ東京のこれだけははずせない曲はこれだ!

あくまでも筆者の主観であり、「あれが入ってないのはおかしいだろっ!」というお叱りのお言葉はコメント欄にでも記していただきうっぷんを晴らされてください。(汗)

曲ごとにいい感じの箇所からスタートする設定にしておりますので、聴きやすいと思います。

1位.Anasthasia/T99

2位.NIGHT IN MOTION/CUBIC 22

この1位2位はジュリアナの初期に、ジョン・ロビンソンDJの「ジュリアナ~!ト~キオ~ッ~!!!!」の定番マイクパフォーマンスと共に盛り上げタイムで必ずプレイされていた鉄板の曲でした。ちなみに私はこの頃のジュリアナが一番好きでした。

3位.Can’t Undo This/Maximizor

ジュリアナ東京の中期あたりに、まさにジュリアナ東京のために作曲された曲。つまり絶対これを外すわけにはいかないわけです。

4位.ARE U WAKE UP?/STARR GAZER

説明不要の、ジュリアナと言えば・・・という超盛り上げ曲!

5位.TOKYO,GO!/JOHN ROBINSON

ジュリアナ後期のほうですが、これを上位にアップしないと失礼にあたる。ジョン・ロビンソン先生の曲ですが、忖度抜きで良い曲ですね。プロレスファンにとってはマグナムTOKYOの入場曲として根付いていることでしょう。またジュリテクにパラパラが付いたのもこの曲からであった気が・・・。今現在聞いても全然色あせてない素晴らしい曲です。

6位.So Real/Love Decade

この曲を聴くと何故だか、東京ドームで主催された大ディスコイベントのavexレイヴを思いだします。今から考えると東京ドーム全体がボディコン女性というか過激コスチューム女性とルナ男でいっぱいに埋まるなんて本当に凄いことであったと思います。全国からディスコフリークが来られてましたからね。

7位.Injected With A Poison/Praga Khan

8位.Bombas/Chimo Bayo

この曲を聴くと日拓のロンドクラブが思い浮かびます。ジュリアナ東京の勢いとともに、ボディコンナイトやらオーバックナイト等の企画をガンガンおこなっていた頃であったかと記憶しております。「オーバックレイバーズ」というネーミングが凄い!

9位.10位.はL.A. StyleからJames Brown Is Dead & Balloony

11位.12位.13位は2 UNLIMITEDからNo limit & Get Ready For This & No limit & Workaholic

14位.Unity/Gener 8

15位.I LIKE IT/MAXIMIZOR

おまけ.Tekno Shok/Harseniko

当サイトでは色々と懐かしい名曲のページを設けております。あわせてこちらもどうぞ!

参考記事 ディスコミュージックの定番!70年代・80年代・90年代

ディスコメモリーちゃんねる

ディスコミュージックカテゴリの最新記事